crystalguard

クリスタルガード

クリスタルガード・クロノアーマーがスイス製腕時計では3社目となるローマンゴティエのケース内外用コーティング剤として正式に採用されました

ー 日本の消費者も認めた光沢保持率100%、鉛筆硬度9H(JIS 2396)のクリスタルガード・クロノアーマーがスイスの腕時計産業で3社目に採用されました ー

株式会社kozmez(大阪市西区)が製造する腕時計用クリーナー兼コーティング剤「クリスタルガード・クロノアーマー」が、スイスの腕時計産業にその品質を認められ、この度スイスブランドとしては3社目として、ローマンゴティエ社(スイス、ジュウ渓谷サンティエ)の腕時計の生産に正式に採用されました。

「クリスタルガード・クロノアーマー」の特徴は、国家規格の耐候性試験(JIS 2396)で実証されている光沢保持率100%(皮膜が自然劣化しない)と鉛筆硬度9Hを誇るクリスタルガラス皮膜です。

これは、日本で受け入れられている腕時計用の消費者向けコーティング製品が、スイスで製造される腕時計ケースの外部と内部との両方に施工されてから、製品として一般消費者向けに出荷されるという3件目のケースとなります。

日本の発明であるクリスタルガード成分が金属などにあたえる「保護能力」と「上品な艶」、そしてガラス風防に与える「透明度向上」が、スイスの腕時計ブランドであるローマンゴティエ社に評価され、販売用製品としての腕時計への採用に至りました。2020年の発売以来2万本以上が販売され、日本の消費者に品質を認められてきた「クリスタルガード・クロノアーマー」が、ついに正式にスイスの腕時計産業で3社目に採用されたことになります。

これにより、「何も損ねず、価値を高める」というクリスタルガードのブランド哲学が、スイスの腕時計製造が求める品質にも見合ったレベルのものであることが続けて証明されました。

一方ローマンゴティエ社では、「妥協なきロジックと品質」という哲学を貫いてきました。

この度、日本でも発売が発表された「ローマンゴティエ、マイクロローター・インサイトくろのぴーす限定エディション(Romain Gauthier Micro Rotor Insight, Chrono Peace Limited Edition)」は、弊社の公式クリスタルガード・アンバサダーである腕時計コレクターくろのぴーすと、ローマンゴティエ社のコラボレーションとして生まれました。

同モデルは史上3番目の、日本人コレクターの名称を冠した、スイス腕時計ブランドによる限定シグネチャーモデル(*)として、弊社クリスタルガードとローマンゴティエ社の哲学を見事に融合する結果となりました。

発表に際して、くろのぴーすは「自分が考案した商品がスイス製腕時計に正式に採用されるということと、スイスブランドから自分のシグネチャモデルが出るということの、腕時計愛好家としてのふたつの夢が3回も連続して叶いました。しかも、今回は『宇宙の広さ』という難しいテーマを最新の素材と古典的なエナメルとを組み合わせて表現していただきました。あの、ローマンゴティエ氏ご本人にです!2度あることは3度ある、と言いますが、まだ夢のようです。」とコメントしています。

また、ローマンゴティエは本モデルに関して、「インサイトマイクロローターは着けている時も時計を堪能するという、私が描く現代の時計の在り方を実現するものです。これは当たり前のことかもしれません。ただ、私が言っているのは、腕から外して、機構や仕上げを鑑賞するということではないのです。時間を確認した時に、機構や仕上げを鑑賞する喜びを感じられるということなのです。」と、コメントしています。

kozmezにおける長年の研究開発の成果が、製造の基準が極めて厳しいスイス製の腕時計製造にも適したものであることが証明されたのは、「クリスタルガード・クロノアーマー」が形成するクリスタルガラス皮膜が、腕時計の機械とケースにおける外見や品質を追求する、ローマンゴティエ社の求める基準に達していると認められたことによります。

これにより、日本の消費者からも高い評価を得ている腕時計用クリーナー兼コーティング剤「クリスタルガード・クロノアーマー」の品質が、ついにスイスの腕時計産業で連続して3社に認められることとなりました。

クリスタルガード・クロノアーマーとは:

高級車用のコーティング剤から生まれた「クリスタルガード・クロノアーマー」は、ステンレスからゴールド、プラチナ、チタン、カーボン、プラスチックまで、あらゆる素材の腕時計のお手入れに使えるコーティング剤兼クリーナーです。

JIS規格の国家試験で光沢保持率100%が証明されたクリスタルガラス皮膜と、界面活性剤の洗剤を一切使わないクリーナー成分で、腕時計のお手入れと傷・汚れの予防が同時にできます。

ローマンゴティエとは:

2005年に誕生したローマン・ゴティエは、情熱に満ちた創業者ローマン・ゴティエ本人が指揮を執る、スイス・ジュウ渓谷に拠点を置く高級時計ブランドです。ゴティエは、スイスの時計製造の中心地であるこの絵のように美しいジュウ渓谷で生活し、学び、そして働くことで培ったノウハウを、オートオルロジュリ(高級時計製造)に対する妥協のないアプローチと結びつけることで、類まれなタイムピースを創出しています。

これらのタイムピースは、その人目を引き付けるデザイン、革新的な自社製ムーブメント、そして極めて高いレベルの仕上げによって称賛されています。ローマン・ゴティエの時計の特別さは、年産約60本というわずかな生産本数からも保たれています。

くろのぴーすとは:

くろのぴーすとは、宇宙の回転と音に魅せられた腕時計コレクターです。腕時計コレクターのルーツとなっているのは、幼少期に憧れたロボットです。時計を、まさに音を発しながら時を刻むロボットに見立てて収集しています。

70年代のLED時計から、独立時計師による近代の超高級機械式時計まで、約500本以上にも及ぶ幅広い腕時計を、独自の哲学に基づく「宇宙の回転」をテーマに集め続けています。

クリスタルガードに関するお問い合わせは以下へ:

株式会社kozmez info@crystalguard.jp

*スイスの腕時計ブランドから、ビースポーク(ワンオフのカスタムオーダー)ではなく、一般に複数本数市販される腕時計に、日本人コレクターとしてその名前が冠されたシグネチャモデルが発売されることが史上初。腕時計有識者、コレクター、専門家、メディア関係者などへのヒアリング、インターネット上の検索などによる調査結果より。

クリスタルガード・クロノアーマーがスイス製腕時計では2社目となるクロノスイスのケース内外用コーティング剤として正式に採用されました

ー 日本の消費者も認めた光沢保持率100%、鉛筆硬度9H(JIS 2396)のクリスタルガード・クロノアーマーがスイスの腕時計産業で2社目に採用されました ー

株式会社kozmez(大阪市西区)が製造する腕時計用クリーナー兼コーティング剤「クリスタルガード・クロノアーマー」が、スイスの腕時計産業にその品質を認められ、この度スイスブランドとしては2社目として、クロノスイス社(スイス、ルツェルン)の腕時計の生産に正式に採用されました。

「クリスタルガード・クロノアーマー」の特徴は、国家規格の耐候性試験(JIS 2396)で実証されている光沢保持率100%(皮膜が自然劣化しない)と鉛筆硬度9Hを誇るクリスタルガラス皮膜です。

これは、日本で受け入れられている腕時計用の消費者向けコーティング製品が、スイスで製造される腕時計ケースの外部と内部との両方に施工されてから、製品として一般消費者向けに出荷されるという2件目のケースとなります。

日本の発明であるクリスタルガード成分が金属などにあたえる「保護能力」と「上品な艶」、そしてガラス風防に与える「透明度向上」が、スイスの腕時計ブランドであるクロノスイス社に評価され、販売用製品としての腕時計への採用に至りました。2020年の発売以来2万本以上が販売され、日本の消費者に品質を認められてきた「クリスタルガード・クロノアーマー」が、ついに正式にスイスの腕時計産業で2社目に採用されたことになります。

これにより、「何も損ねず、価値を高める」というクリスタルガードのブランド哲学が、スイスの腕時計製造が求める品質にも見合ったレベルのものであることが続けて証明されました。

一方クロノスイス社では、「モダン・クラシカル」という現代的解釈と古典的な伝統を調和させるという哲学を貫いてきました。

この度、日本でも発売が発表された「クロノスイス、ブルースパークCP、くろのぴーす限定エディション(Chronoswiss Blue Spark CP, Chrono Peace Limited Edition)」は、弊社の公式クリスタルガード・アンバサダーである腕時計コレクターくろのぴーすと、クロノスイス社のコラボレーションとして生まれました。

同モデルは史上2番目の、日本人コレクターの名称を冠した、スイス腕時計ブランドによる限定シグネチャーモデル(*)として、弊社クリスタルガードとクロノスイス社の哲学を見事に融合する結果となりました。

発表に際して、くろのぴーすは「自分が考案した商品がスイス製腕時計に正式に採用されるということと、スイスブランドから自分のシグネチャモデルが出るということの、腕時計愛好家としてのふたつの夢が連続して叶いました。しかも、今回は『宇宙の暗さと明るさ』という難しいテーマをカタチにしていただけて光栄です。コレクター冥利に尽きる、人生の中で最大の出来事が重なっています。」とコメントしています。

また、クロノスイスのデザイン責任者であるマイク・パンツィエラは、「48時間のパワーリザーブを備えたこの166パーツで構成されるムーブメントは、伝統的な機械式腕時計の精神と宇宙時代の最新技術の融合といえます。『SkelTec』は、職人による従来の伝統的なスケルトン技術に、スタイリッシュな要素やモダンテイストを加えた進化系スケルトンウォッチと言えます」と、コメントしています。

kozmezにおける長年の研究開発の成果が、製造の基準が極めて厳しいスイス製の腕時計製造にも適したものであることが証明されたのは、「クリスタルガード・クロノアーマー」が形成するクリスタルガラス皮膜が、腕時計の機械とケースにおける外見や品質を追求する、クロノスイス社の求める基準に達していると認められたことによります。

これにより、日本の消費者からも高い評価を得ている腕時計用クリーナー兼コーティング剤「クリスタルガード・クロノアーマー」の品質が、ついにスイスの腕時計産業で連続して2社に認められることとなりました。

クリスタルガード・クロノアーマーとは:

高級車用のコーティング剤から生まれた「クリスタルガード・クロノアーマー」は、ステンレスからゴールド、プラチナ、チタン、カーボン、プラスチックまで、あらゆる素材の腕時計のお手入れに使えるコーティング剤兼クリーナーです。

JIS規格の国家試験で光沢保持率100%が証明されたクリスタルガラス皮膜と、界面活性剤の洗剤を一切使わないクリーナー成分で、腕時計のお手入れと傷・汚れの予防が同時にできます。

クロノスイスとは:

1983年に設立されたルツェルンを拠点とするクロノスイスは、現代の機械式時計の独立系の時計メーカーです。

最新のテクノロジーと、スケルトンナイズ、ギョーシェ装飾、エナメルダイヤルなどの古典的な職人技の組み合わせ、時代を超越した、唯一無二の、ひとめでクロノスイスとわかるデザインでタイムピースを製作しています

くろのぴーすとは:

くろのぴーすとは、宇宙の回転と音に魅せられた腕時計コレクターです。腕時計コレクターのルーツとなっているのは、幼少期に憧れたロボットです。時計を、まさに音を発しながら時を刻むロボットに見立てて収集しています。

70年代のLED時計から、独立時計師による近代の超高級機械式時計まで、約500本以上にも及ぶ幅広い腕時計を、独自の哲学に基づく「宇宙の回転」をテーマに集め続けています。

クリスタルガードに関するお問い合わせは以下へ:

株式会社kozmez info@crystalguard.jp

*スイスの腕時計ブランドから、ビースポーク(ワンオフのカスタムオーダー)ではなく、一般に複数本数市販される腕時計に、日本人コレクターとしてその名前が冠されたシグネチャモデルが発売されることが史上初。腕時計有識者、コレクター、専門家、メディア関係者などへのヒアリング、インターネット上の検索などによる調査結果より。

クリスタルガード・クロノアーマーがスイス製腕時計アーミンシュトロームのケース内外用コーティング剤として正式に採用されました

ー 日本の消費者も認めた光沢保持率100%、鉛筆硬度9H(JIS 2396)のクリスタルガード・クロノアーマーがスイスの腕時計産業に進出 ー

株式会社kozmez(大阪市西区)が製造する腕時計用クリーナー兼コーティング剤「クリスタルガード・クロノアーマー」が、スイスの腕時計産業にその品質を認められ、この度アーミンシュトローム社(スイス、ベルン州ビエンヌ)の腕時計の生産に正式に採用されました。

「クリスタルガード・クロノアーマー」の特徴は、国家規格の耐候性試験(JIS 2396)で実証されている光沢保持率100%(皮膜が自然劣化しない)と鉛筆硬度9Hを誇るクリスタルガラス皮膜です。

これは、日本で受け入れられている腕時計用の消費者向けコーティング製品が、スイスで製造される腕時計ケースの外部と内部との両方に施工されてから、製品として一般消費者向けに出荷されるという初のケースとなります。

日本の発明であるクリスタルガード成分が金属などにあたえる「保護能力」と「上品な艶」、そしてガラス風防に与える「透明度向上」が、スイスの腕時計ブランドであるアーミンシュトローム社に評価され、販売用製品としての腕時計への採用に至りました。2020年の発売以来2万本以上が販売され、日本の消費者に品質を認められてきた「クリスタルガード・クロノアーマー」が、ついに正式にスイスの腕時計産業に進出したこととなります。

これにより、「何も損ねず、価値を高める」というクリスタルガードのブランド哲学が、スイスの腕時計製造が求める品質にも見合ったレベルのものであることが証明されました。

一方アーミンシュトローム社では、常に伝統的な機械式腕時計の製造に革新的な技術を取り入れ、その機械を美しく見せるという哲学を貫いてきました。

この度、日本でも発売が発表された「アーミンシュトローム、グラヴィティ・イコール・フォース・くろのぴーす限定エディション(Armin Strom Gravity Equal Force Chrono Peace Limited Edition)」は、弊社の公式クリスタルガード・アンバサダーである腕時計コレクターくろのぴーすと、アーミンシュトローム社のコラボレーションとして生まれました。

同モデルは史上初の、日本人コレクターの名称を冠した、スイス腕時計ブランドによる限定シグネチャーモデル(*)として、弊社クリスタルガードとアーミンシュトローム社の哲学を見事に融合する結果となりました。

この発表に際して、くろのぴーすは「自分が考案した商品がスイス製腕時計に正式に採用されるということと、スイスブランドから自分のシグネチャモデルが出るということの、腕時計愛好家としてのふたつの夢が同時に叶いました。これは、コレクター冥利に尽きる、人生の中で最大の出来事となりました。」とコメントしています。

また、アーミンシュトロームの創業者であるサージュ・ミシェルは「アーミン・シュトロームのブランドは『機械的な透明性』を象徴しています。ですから、クリスタルガード・クロノアーマーがもたらす表面の透明度向上が、我々の哲学と結び付けられたことは明白です。」とコメントしています。

kozmezにおける長年の研究開発の成果が、製造の基準が極めて厳しいスイス製の腕時計製造にも適したものであることが証明されたのは、「クリスタルガード・クロノアーマー」が形成するクリスタルガラス皮膜が、腕時計の機械とケースにおける外見や品質を追求する、アーミンシュトローム社の求める基準に達していると認められたことによります。

これにより、日本の消費者からも高い評価を得ている腕時計用クリーナー兼コーティング剤「クリスタルガード・クロノアーマー」の品質が、ついにスイスの腕時計産業にも認められることとなりました。

クリスタルガード・クロノアーマーとは:

高級車用のコーティング剤から生まれた「クリスタルガード・クロノアーマー」は、ステンレスからゴールド、プラチナ、チタン、カーボン、プラスチックまで、あらゆる素材の腕時計のお手入れに使えるコーティング剤兼クリーナーです。

JIS規格の国家試験で光沢保持率100%が証明されたクリスタルガラス皮膜と、界面活性剤の洗剤を一切使わないクリーナー成分で、腕時計のお手入れと傷・汚れの予防が同時にできます。

アーミンシュトロームとは:

1967年、マスターウォッチメーカーで、ムーブメントのスケルトン化技術者としても有名なアーミン・シュトロームにより創業されました。2008年に現オーナーのサージュ・ミシェルとディレクターのクロード・グライスラーにより設立された自社工房にて、ムーブメントの自社開発および製造を行っています。

特徴は、モダンなデザインと高度な手作業により組み立てられていることと、機械式ムーブメントの心臓部をデザインの中心に据える点にあります。

くろのぴーすとは:

くろのぴーすとは、宇宙の回転と音に魅せられた腕時計コレクターです。腕時計コレクターのルーツとなっているのは、幼少期に憧れたロボットです。時計を、まさに音を発しながら時を刻むロボットに見立てて収集しています。

70年代のLED時計から、独立時計師による近代の超高級機械式時計まで、約500本以上にも及ぶ幅広い腕時計を、独自の哲学に基づく「宇宙の回転」をテーマに集め続けています。

クリスタルガードに関するお問い合わせは以下へ:

株式会社kozmez info@crystalguard.jp

*スイスの腕時計ブランドから、ビースポーク(ワンオフのカスタムオーダー)ではなく、一般に複数本数市販される腕時計に、日本人コレクターとしてその名前が冠されたシグネチャモデルが発売されることが史上初。腕時計有識者、コレクター、専門家、メディア関係者などへのヒアリング、インターネット上の検索などによる調査結果より。

汚れを落としながら表面にクリスタルガラス皮膜を形成し、強力な滑り・光沢・保護能力を実現する楽器用クリーナー&コーティング剤『クリスタルガード・ミー』を発表

報道関係者各位、
2014年1月7日

株式会社kozmezは、汚れを落としながら表面に劣化しないクリスタルガラス皮膜を形成し、『潤滑・艶出・保護・防汚・汚れ落とし』をオールインワンで実現する楽器用クリーナー&コーティング剤『クリスタルガード・ミー』を発表いたしました。

30933_1_ouZtCiTIaY
続きを読む

クリスタルガード・ミー(楽器用クリーナー・潤滑・コーティング)

CGMI

汚れを落としながら表面に劣化しないクリスタルガラス皮膜を形成し、『潤滑・艶出・保護・防汚・汚れ落とし』をオールインワンで実現する楽器用のクリーナー&コーティング剤です。 続きを読む

全国45,000以上のバイクショップや二輪用品店、整備店におけるクリスタルガードの取扱いを開始

この度、弊社株式会社kozmezは、株式会社日本モーターパーツ(通称:mopa/大阪市、村井基輝代表取締役社長)と販売業務提携契約を締結し、全国約45,000社以上のバイクショップや二輪用品店、整備店における高性能ガラスコーティング剤「クリスタルガード」の正規品の取り扱いを開始いたします。 続きを読む

クリスタルガード品質の脱脂剤 by kozmez – ワックスやシリコンコーティングを除去

CGDGR

塗装面に付着している油脂成分を分解して、クリスタルガードワンプロオープライムなどのコーティング剤を確実に定着させます。

カーワックスやシリコーン撥水剤、シリコーン系コーティング剤、クリスタルガード非正規品などの除去の他、窓ガラスの油膜取りとしてもご利用いただけます。 続きを読む

carviewのニュースで『クリスタルガード・オープライム』が取り上げられました

先週5月8日に、carviewのニュースで弊社の「クリスタルガード・オープライム」が取り上げられました。

ボディのコーティング剤はさまざまな物が出回っているが、やはりワックスの艶には一歩譲る、という印象が強い。ところがkozmezの『クリスタルガード・オープライム』は、最高級コーティング剤の主成分であるポリシラザンを基に様々な改良を施し、ワックスのような艶を実現している。

コーティングの被膜は鉛筆硬度9Hという硬さを実現。通常のガラス系コーティング剤は6~7Hというから、その硬さがよくわかる。1回施工してしまえば10年以上持続する厚い被膜が形成されるという。汚れが落ちやすくなるので日常の洗車もグンと楽になるし、新車はもちろん、中古車に施工すればまるで新車のような艶と輝きを取り戻すことができる。

JIS検査により光沢保持率100%が証明されるなど、その品質は折り紙つき。劣化しない被膜なので塗り直しの必要もない。ワックスの艶を半永久的に得ることができる、夢のようなコーティング剤というわけだ。

carview様、見事なまとめをありがとうございました!

現在オープライムはテスト販売を開始しております。是非この機会にお試し下さい!

oprime-banner

クリスタルガードは撥水しない疎水性ですのでご注意下さい!

2012年の12月12日より、クリスタルガード正規品は弊社株式会社kozmezのみが生産と販売を行っております。

大手量販店で売られている物をのぞいて、インターネット販売用の正規品の生産は2012年7月頭に一旦打ち切られ、その半年間程度はまったく生産されておりませんでした。

お客様に頂いたご報告によりますと、その間にクリスタルガードとクリスタルガードプロの模造品が製造されていたようでその薬剤でスジが入ってとれないなど自動車に深刻な被害を受けられた方もいらっしゃるようです。

そこで私ども株式会社kozmezが急遽正規品の生産販売を再開いたしました。

その後さらには最近では撥水効果をうたう模造品も現れ、ますますクリスタルガードユーザー様を混乱させる状況となっており、私たちも心を痛めております。

まず最初にそのような混乱した現状について謝罪させていただくと共に、もしよろしければあなたにも被害が及ばないためにも、続いて以下をお読み下されば幸いです。 続きを読む