クリタルスガードをフォロー

名前(フルネーム):
メールアドレス:
メルマガで更に洗車について詳しくなってみませんか?
ショッピングカートの中身
  • 只今、カートに商品はございません。
    (カゴの商品数:0種類、合計数:0)
現在販売中の商品
  • カテゴリーなし
おすすめの特集
正規商品認証プログラムCGCGとは?クリスタルガード正規品の見分け方
実は車にとって危険!?ワックスやコーティングの重ね塗りに潜む罠
実はカーワックスこそが全ての問題の根源だったとしたら?
ねんど型クリーナーパワークレイ
最新のコミュニティ投稿

自動車用『ガラス系』コーティング剤には4種類ある – メーカーが触れられたくない事実

みなさま、洗車ライフをいかがお過ごしでしょうか?

本日は「ガラス系コーティング」についてお話しします。弊社kozmezのクリスタルガードもいわゆる「ガラス系コーティング剤」ですが、一言で同じ言葉でくくっても、実は複数種類があるのです。

1.シラン、ポリシラザンベースのガラス系コーティング剤

シランやポリシラザンは、業者が施工するような高級自動車コーティング剤に使われている成分です。

空気に触れて固化するタイプの薬剤で、全て茶色や青色のビンに入って日光を遮るように作られています。これらの薬剤は比較的分厚いガラス皮膜を形成しますが、鉛筆硬度が6-7Hと比較的柔らかく、傷に対しての耐性が弱くなります。

成分の濃度で性能が大きく変わりますが、濃くするとむらになりやすく、その調整が難しい薬剤です。また、これらの薬剤は毒性が高く、そういった理由で業者施工が主になっているわけです。

ただ、市販用にコストを下げるために極めて薄く薄めてから樹脂を混ぜて販売している商品もあるので要注意です。

樹脂が入ればせっかくのガラスが「腐る」被膜になります。

また、実際にはこれら液体を放置しても本当のガラスの液体のように固まることはありません。そのような見せ方をしているのは・・・。もうおわかりですね?

ガラスは元々撥水しません。ですが、これらの中にはわざわざ撥水基という水を弾く仕組みを持たせた商品もありますが、当然ガラスは本来疎水ですので撥水効果は長持ちしません。

なお、「クリスタルガード・オープライム」はこのポリシラザンをベースに改良されたベースコーティング剤です。

oprime-banner

2. ガラス繊維ベースのコーティング剤

次に、ガラス繊維をベースとした「ガラス系コーティング剤」があります。

これは、空気に触れて固まるのではなく、触れた面をガラスにしていく商品です。ですので、密閉や遮光された容器に入っている必要もなく、実際5年以上薬剤を放置していても性能は落ちません。

このタイプの薬剤も濃度調整などが困難で、下手をするとむらになってしまいます。

実は、「ガラス系」や「ガラス系ポリマー」、「ケイ素系ポリマー」を謳う商品の数多くはこのタイプではありませんので注意が必要です。

このタイプは本当のガラスになり、薬剤を超高温で熱するとガラスが出てきます。実は生産が非常に難しく、市場に出ている製品でこのタイプの商品はごくわずかなのです。

ネットでは「放置して固まらないガラス系コーティング剤は偽物」とうたう商品もありますが、あれは全くの間違いです。実際には触れた面をガラスにしてしまうタイプのコーティング剤が存在するからです。

弊社の「クリスタルガード・ワン」や「クリスタルガード・プロ」はこのタイプとなります。

3. シリコーンをガラスやケイ素と称したコーティング剤

実際のガラスを形成するわけでもなく、ガラスのような特徴を備えたコーティング剤があります。

実は悲しいことに市場に出回る「ガラス系」をうたう商品のほとんどがこのタイプです。名前にはケイ素やガラスなどを含めて消費者の購入を促しているという現状です。

実際このタイプのコーティング剤の保護能力は弱く、被膜も劣化、酸化しやすいものがほとんどで、効果は全く持続しません。

薬剤はほとんど撥水タイプが多く、実際には安価な撥水剤に頼っている物がほとんどです。

弊社ではこのタイプのコーティング剤は一切販売しておりません!

4. まったくのなんちゃってガラス系コーティング剤

3,まではまだ「嘘」とは言えないでしょう。しかし、世の中には全くの嘘で消費者をだます商品もありますので注意が必要です。

嘘の商品は、ガラスの粉を入れてキラキラする薬剤を「ガラス系」と称したり、「疎水と撥水のハイブリッド」と称して実際はガラス系成分を含まずに安価な撥水剤を売りつけるものまで存在します。

これらの商品は性能も持続しないほか、保護能力も低く、単に消費者をだますだけのものですので注意が必要です。

この手の商品はたいていムラになりやすく、最悪の場合は自動車のボディーや窓ガラスの曇りやシミの原因となります。それらの商品はもう詐欺商品と言っても過言ではないでしょう。

車にプラスになるどころか、マイナスになってしまうと言うわけですね。

 

実際に多くのメーカーはこれらのことに触れられたくないのが現状です。

私たちkozmezは、そういったコーティング剤の真実にも切り込んでいき、皆様に満足して頂ける商品を提供し続けたいと考えております!

皆様も「ガラス系」コーティング剤を購入される場合にはくれぐれもご注意下さい!

  • suemitsu より:

    お世話になります。四年前(前車時代・・・中古BHレガシー)よりクリスタルガードプロ(鏡面パッケージ)をオートバックスにて購入し利用させて頂きこの度、車両変更(中古BPレガシー)の為、再度新パッケージの物を購入使用させて頂いておりますFANの一人です。
    正直なところ10年と謳われておりますが、最初話し半分以下で3から5年もつなら価値ありと思い利用させて頂きましたが、4年間(横着ながら)ガソリンスタンドの自動ポリマー洗車ばかりで過ごしました。流石に水垢等は付きオート洗車では落ちませんが、手がけワックスを一度も掛けずにボディーを保てたのには納得し知人にはPRしているところです。(オートポリマーワックス洗車だけでは洗車後これほどの表面状況は保てないだろと感じています)

    そこで、Cガードは疎水性で理想なのですが、やや手触り感や俗に云う水弾き感、輝き感に欠けるところにやや不満なところがあり(理論的には理解)ますので質問です。

    ①Cガードを施工後メンテナンス時に、ノーコンパウンド型のワックス(シリコン系、カルナバ系、ポリマー系)を上掛けしてもいいものでしょうか? これは、A)マイナス、B)無意味、C)有効などアドバイスお願いします。

    ②また、ミス赤対策など性能維持のため今後のメンテナンスにいい方法があればアドバイスお願いいたします。(現在は残念ながら屋根なし駐車です)

    本日、女房の車にも施工予定です。

    • crystalguard より:

      お問い合わせ有り難うございます。

      クリスタルガードが10年以上持続出来るというのは、
      確実に皮膜を定着させた場合に限ります。

      新車であっても、納車用のワックスなどが施工されている事が多く
      排気ガスに含まれるオイルが付着していたり、他のコーティングが施工されていると
      その上にクリスタルガード皮膜が形成されてしまう為、定着力は下地に依存する事になります。

      1回の施工で確実に皮膜を定着させる事が出来れば、10年以上持続する事が可能ですが
      定着ムラは再施工して頂く事で簡単に解消出来る為、神経質に脱脂などの下地処理を必要とするよりも
      最初のうちは繰り返し施工して頂く事で、徐々に定着ムラを解消し、厚く強靱な皮膜を形成して頂くように
      お勧めする事にしております。

      クリスタルガードは、ガラスを化学結合によって塗装面に定着させます。
      なので、水の弾き方や、硬さ、輝きなど、ガラスと同じ性質になります。
      商品説明には、疎水性ガラス皮膜と謳わせて頂いておりますが、
      それは反対で、ガラスの皮膜だから疎水性という事になります。

      撥水は、水滴が流れる様子を見て、汚れも付きにくいように感じますが、

      それは水と油の関係と同じで、水を弾くという事は
      撥水=油の性質 親水=水の性質 という事になります。

      撥水は、親油(しんゆ)とも言われる通り、排気ガスに含まれるオイルなどを吸着する為
      非常に汚れやすい性質である事を、理解して頂けると思います。

      水の弾き方は、表面がどんな性質であるかを判別する目安にするものと考えて頂き
      コーティングに求められる性質とは、汚れが付着しにくい性質である事が重要なので
      食器や化学の実験器具等に用いられている、ガラスや陶器と同じ性質であるという理由で
      ガラスが優れていると、ご理解頂ければと思います。

      ①クリスタルガードのメンテナンスにつきましては、
      一度皮膜が形成されると、劣化したり剥離したりするような事はありませんので、
      通常の洗車を正しく行う事が、最も大切な事になります。

      塗装面に傷を増やす最も大きな原因は、塗装面を擦る行為なので
      常に砂埃を意識して、出来るだけ塗装面を擦らない洗車を心がける事が重要です。

      カーシャンプーには一見きれいになったように見せる為に
      ワックスや艶だし成分などが含まれている物が多く、そういった成分は
      前を走る車が巻き上げる砂埃を付きやすくし、それらの成分も変質して汚れの元になります。

      クリスタルガードを施工後は、表面がガラスと同じ性質になっておりますので
      台所用中性洗剤を泡立つ程度使用して洗車して頂く事をお勧めします。

      お問い合わせの、(シリコン系、カルナバ系、ポリマー系)につきまして
      シリコン系 シリコンとは、ケイ素単体の事を指しますので
      シリコーン系(ケイ素を含む化合物)が正しい表記となります。
      シリコーン系は、シリコーンオイルや手術に使用するシリコーン
      シャンプーに使われるシリコーンなど、油の性質があり

      現在存在する物質の中で、最も油を吸着させる事が出来る為
      海洋に流出した油を吸着させて回収する為に、シリコーンが用いられています。
      排気ガスを主な汚れとした場合、これ以上汚れやすい物質は、現在のところ存在しません。

      カルナバ系 蝋の種類の名称になります。
      蝋は、火を点けるとロウソク同様に燃え、ススを発生させます。

      燃えてススを発生させる物は、油と同じ性質を持っていて
      アルコール 灯油 油 蝋 など、すべて炭素+水素の密度が違うだけで、同じ物です。

      炭化水素と言いますが、
      結合の数が少ないと、アルコールやガソリンなど、気化しやすく燃えやすい
      結合の数が多いと、油や蝋など、気化しにくく燃えにくいという違いがあるだけで

      蝋は、硬くなった油である、という事になります。

      ポリマー系 ポリマーは重合という意味ですが
      車のコーティングでは、樹脂を重合させるという意味で使われます。

      これも、燃えるとススを発生させる炭化水素で
      蝋よりも結合の数が多いので、更に気化しにくく燃えにくい特徴をもった油という事になります。

      いずれの場合も、汚れの元、砂埃を付着させる物となり
      それらを落とす為に、砂埃を擦りつけ、傷の原因を増やすものになります。

      ②クリスタルガードのメンテナンスに付きましては、皮膜の維持では無く成長になります。
      クリスタルガードを繰り返し施工して頂く理由として
      油脂等で定着がムラが生じている可能性を考え、最初のうちは洗車の度に施工して頂いて
      定着ムラを解消する事

      それと、繰り返し施工する事で厚く強靱な皮膜に成長し、更に深みのある光沢になります。

      通常コーティングを重ねると、層になってシャボン玉や油膜などで見られる虹色(薄膜干渉)が
      浮き上がる事がありますが、クリスタルガードは繰り返し施工しても層にならない唯一の商品なので
      安心して施工して頂く事が出来ます。

      より上質な輝きを求め、効率良く施工する為にクリスタルガード・ワンを水で薄めて
      使用されるお客様が少なくない為、

      クリスタルガード・ゼロを発売致しました。

      クリスタルガード・ゼロは、クリスタルガード・ワンの能力を
      最大限に発揮する為に開発された商品です。
      他の商品の様に洗浄剤を足すと、どうしても水で洗い流す必要があり
      当社が商品として販売する以上、少しの洗浄剤だから大丈夫という妥協は許されない為
      「スプレーして拭き取るだけ」という商品を発売する事が出来ませんでしたが、

      クリスタルガード・ワンの成分を、安定して分散させる為に
      従来に無い新しい方法を用いた事で、劣化したワックスや粗悪なコーティング等も分散し
      まるで洗浄剤を入れた様な、洗浄力を兼ね備える事が出来ましたのでご検討頂けますよう宜しくお願い致します。

      より多くの方にクリスタルガードの品質を体感して貰えるよう
      今後とも努めて参りたいと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です