クリタルスガードをフォロー

名前(フルネーム):
メールアドレス:
メルマガで更に洗車について詳しくなってみませんか?
ショッピングカートの中身
  • 只今、カートに商品はございません。
    (カゴの商品数:0種類、合計数:0)
現在販売中の商品
  • カテゴリーなし
おすすめの特集
正規商品認証プログラムCGCGとは?クリスタルガード正規品の見分け方
実は車にとって危険!?ワックスやコーティングの重ね塗りに潜む罠
実はカーワックスこそが全ての問題の根源だったとしたら?
ねんど型クリーナーパワークレイ
最新のコミュニティ投稿

オープライム

carviewのニュースで『クリスタルガード・オープライム』が取り上げられました

先週5月8日に、carviewのニュースで弊社の「クリスタルガード・オープライム」が取り上げられました。

ボディのコーティング剤はさまざまな物が出回っているが、やはりワックスの艶には一歩譲る、という印象が強い。ところがkozmezの『クリスタルガード・オープライム』は、最高級コーティング剤の主成分であるポリシラザンを基に様々な改良を施し、ワックスのような艶を実現している。

コーティングの被膜は鉛筆硬度9Hという硬さを実現。通常のガラス系コーティング剤は6~7Hというから、その硬さがよくわかる。1回施工してしまえば10年以上持続する厚い被膜が形成されるという。汚れが落ちやすくなるので日常の洗車もグンと楽になるし、新車はもちろん、中古車に施工すればまるで新車のような艶と輝きを取り戻すことができる。

JIS検査により光沢保持率100%が証明されるなど、その品質は折り紙つき。劣化しない被膜なので塗り直しの必要もない。ワックスの艶を半永久的に得ることができる、夢のようなコーティング剤というわけだ。

carview様、見事なまとめをありがとうございました!

現在オープライムはテスト販売を開始しております。是非この機会にお試し下さい!

oprime-banner

クリスタルガードは撥水しない疎水性ですのでご注意下さい!

2012年の12月12日より、クリスタルガード正規品は弊社株式会社kozmezのみが生産と販売を行っております。

大手量販店で売られている物をのぞいて、インターネット販売用の正規品の生産は2012年7月頭に一旦打ち切られ、その半年間程度はまったく生産されておりませんでした。

お客様に頂いたご報告によりますと、その間にクリスタルガードとクリスタルガードプロの模造品が製造されていたようでその薬剤でスジが入ってとれないなど自動車に深刻な被害を受けられた方もいらっしゃるようです。

そこで私ども株式会社kozmezが急遽正規品の生産販売を再開いたしました。

その後さらには最近では撥水効果をうたう模造品も現れ、ますますクリスタルガードユーザー様を混乱させる状況となっており、私たちも心を痛めております。

まず最初にそのような混乱した現状について謝罪させていただくと共に、もしよろしければあなたにも被害が及ばないためにも、続いて以下をお読み下されば幸いです。 続きを読む

劣化しないクリスタルガラス皮膜でワックスの艶を実現した世界最硬のガラス系ベースコーティング剤『クリスタルガード・オープライム』を発表

本日、弊社株式会社kozmezより、ワックスの艶と傷埋め効果を劣化しないクリスタルガラス皮膜で実現した世界最硬(*1)のガラス系ベースコーティング剤「クリスタルガード・オープライム」を発表いたしました。

oprime-banner 続きを読む

クリスタルガード・オープライム – ワックス派も納得の世界最硬ベースコート

CGK-FO60KM

マイクロファイバー・クロス

CGMFC

洗車時の水の拭き取りや、普段の汚れの拭き取りにご利用いただける超極細繊維を使用した高級マイクロファイバークロスです。

超極細繊維を両面起毛加工する事で、カメラのレンズ拭きに使用する非常に高価なセーム革を人工的に再現した物です。

液剤を吸い込みすぎず、クリスタルガードを無駄なく塗り伸ばせます。

指紋や皮脂、施工後の余剰成分の拭き取りにも最適です。 続きを読む

マイクロファイバー・タオル

CGMFT

洗車に最適でな超極細繊維を使用したマイクロファイバータオルです。

「クリスタルガード」が施工された自動車の洗車にご利用いただけ、超極細繊維を使用した高品質マイクロファイバータオルです。

髪の毛の300分の1という超極細繊維の束が、片面はループ状に、そしてもう片面は起毛パイル状になっています。

ループ状面は、微小の汚れであっても、繊維の輪が引っかかるので軽く撫でるだけで落とすことができます。

起毛状面は、たっぷり水を含み、流水で落としきれない砂埃を毛先でやさしく落とすことができます。

起毛状面を使って、粗い砂埃をタオルの重さだけで滑らすように落とし、その次にループ状面を滑らせながら洗車して下さい。

通常のタオルよりも糸くずが残りにくく、毛細管現象で繊維の隅々まで水を含みますので、塗装に優しい洗車が行えます。

傷を増やす最も大きな原因は、塗装面を擦る行為です。このマイクロファイバータオルで、出来るだけ塗装面に負担をかけない方法で、正しい洗車をしましょう。

続きを読む